FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「真梨子14歳」 :泉 真梨子:星心女学院中等部2年
2018/01/28(Sun)
本編を書けずに番外モノで時間稼ぎ^^;
真梨子の思春期のエピソードです

mariko14-5.png
「ただいま~っ。忘れものしちゃったぁ~」

 真梨子は30分前に家を出たが、駅で忘れ物に気付き、慌てて家に戻ってきた。

 玄関から二階の自室へ駆けあがる。

 綺麗にアイロンをかけ、トルソーに掛けていた学園祭で使う模擬店のユニフォームを丁寧に畳み、階下へ急いだ。

「再びいってきま~~っす」

 キッチンに向かって声を掛けたが、母の返事はない。

「おかあさん?!」

「・・・・・」

「おかあさん・・・・ お父さん?!・・・・」

 --もう空港に送って行っちゃったのかしら?! でも車はあったしなあ・・・

 父、俊夫は今日からアメリカへの出張で会社に寄らず、母の美幸が車で空港へ送っていく予定で、まだいるはずの時間だった。

「ん?!」

 その時、何か物音が地下室への階段の方から聞こえた。

 旧い洋館の泉家には地下室があり、物置と父・俊夫の長年の趣味であるキノコ研究の為に使っている部屋があるだけだった。

 と言ってもキノコなどには全く興味がないし、薄暗く陰湿な雰囲気が気味悪くて、真梨子は物心付いてから地下に降りたことはほとんどなかった。


 --何?! うめき声?!

 また地下から何か妖しげな声が聞こえたような気がした。

 泥棒?かと一瞬恐怖がよぎったが、胸騒ぎがして、足音を忍ばせ恐る恐る真梨子は階段を下りて行った。


         ◆
mariko14-4.png

 薄暗い廊下の先から扉が少し開いた部屋から明かりが漏れている。

 父が趣味で使っている通称「キノコ部屋」なのだと真梨子は思った。

 息をひそめて明かりに近づき、そっと中を覗く。

――――はっ?! お母さん?!

 檻の中で赤い縄で縛められた裸の女が吊るされていた。

―――うそっ・・・

 赤いボールを口に押し込まれ、顔をゆがめているのは間違いなく、母・美幸だ。

---何? 何なの? 強盗?

 声を掛けようとした瞬間、内扉の陰から人影が現れた。 

---誰?! 

「一週間、かまってやれないから出発まで可愛がってあげようね」

 男が笑いを含んだ声で母に声を掛けた。

――――お父さん・・・

 その声は紛れもなく父・俊夫だった。
mariko14-3.png

 美幸は弱々しく頷き、赤いボールギャグから一筋、涎が糸を引いてマットの上に落ちた。

「ふふふっ」と微笑みながら、俊夫は手に持った器具のスイッチを入れるとブ~ンと音を立てヘッドが振動を始めた。 そしてその振動部を美幸の股間にあてがう。

「うむむぅぅぅ」

  器具のヘッドは女体の一番敏感な秘所に振動を伝え、美幸が苦しそうな呻き声をあげながら、狂ったように身悶え不規則に身体が宙を舞う。

 真梨子は目の前で繰り広げられている両親の行為に狼狽し、混乱していた。
mariko14-1.png

 昨日も学園祭の準備の買い物に友達のゆかりとショッピングセンターに行った時、買い物を終えた両親が手を繋いで歩いてくるのに出くわした。

 友人の真美に『手を繋いで買い物なんて真梨子ん家の両親は本当に仲良いわねえ』と言われ、真梨子は面はゆくも嬉しい気持ちに包まれ『うん!いつも仲良しよ!!』と誇らしげに答えたのだった。

 両親の仲睦まじいところは日々目にしている。 父が花束やプレゼントを買って帰宅することはしょっちゅうで、嬉しそうな表情を浮かべてはにかみ、頬を染めて受け取る母を可愛いと思っていた。

―――SM?! きっとそうなんだわ・・・

 一瞬、DVかとも思ったが、二人の様子からそうではないことは、性に初心な真梨子にも分った。

 虐めたり虐められたりすることに性的な悦びを感じる人達がいることは知識として知っていた。

 が、大好きな自分の両親がそんな愛し方をしているなんて俄かには信じられなかった。

 心臓が早鐘を打ち、顔が火照る。 

 真梨子はそっと「キノコ部屋」を離れ、玄関に向かった。
mariko14-2.png

(続く)
この記事のURL | スピンオフ「真梨子14歳」 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | スポンサーCM消し~>>
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2018/09/09 07:35  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
頑張りま~~す!^^;
2018/01/29 20:10  | URL | 羽佐間 修 #LkZag.iM[ 編集] ▲ top
- お待ちしておりました -
お待ちしておりました。見た瞬間、喜んで読んじゃいました。是非是非是非、また書いて描いてくださいね!楽しみにしています。
2018/01/28 11:57  | URL | 美優 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/462-c66f64d5

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。