FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第5章 カラダ  ―休日出勤2日目― 3
2010/09/28(Tue)
「あのぉ、、、 トイレに行っていいですか?」

 竜之介の尿意は限界に達していた。 橋本が欲しくもなかったコーラを買わせ、竜之介に飲ませたのはこのことを想定していたのだろう。

「へっ?! 幼稚園児じゃあるまいし、勝手にいけよ」

「はい、、、」

「ん?! なんだ?! もちろんそのままだぜ」

 モジモジしている竜之介を見て橋本は冷たく言い放った。

「お願いします! 服を着させてください、、、」

「じゃあ、我慢してろ。 それともコーラの空き缶にでもするか?! くくっ」

 顔を上げることもなく発せられた橋本の返事はそっけないものだった。

「お願いしますっ!」

「しつこいぞ! この部屋でお洩らしだけは勘弁してくれよ」

「・・・・・・」

「女子トイレに堂々と入れるチャンスだぜ」

「はあぅぅ、、、」

 竜之介はゆっくりと立ち上がり、入口へ歩き出した。 下腹が刺し込むように痛み、我慢はもう限界だった。

「いってらっしゃい。 気を付けていくんだぞ~」

 竜之介は自らドアを開け、下着姿で廊下へ足を踏み出した。 

          ◆
「ふぅ~~」

 我慢の末の放尿は苦痛がウソのように和らぎ、生理的な心地よさにホッとする。

 トイレットペーパーを手繰り、女性のように股間を拭った。

 初めて足を踏み入れた会社の女子トイレの個室はしげしげと見まわしたが、男子用と比べても何も変わりがなかった。

「ふふっ」 

 竜之介は思わず苦笑した。

――こんな恰好を見咎められたら男性用でも女性用でもアウトだよな

 橋本にそう言われたからということもあるけれど、思えば誰も居ないオフィスなので女性用のトイレに駆け込む必要はなかった。

 ショーツを上げ、パンストを引き上げながら、オフィスに戻った時の事を考えると心が乱れてくる。 

 橋本に頼まれた仕事はもう殆ど仕上がっていて、開発室に戻りそれを提出すれば、いつも働いている事務所の中で橋本に嬲られるに違いない。

 しかしこんな下着姿でどこへも逃げるわけにはいかないのはわかりきっている。 

 昨夜、以前のように打ち解けた先輩・後輩の二人に戻って酒を酌み交わした橋本に辱められる場所へ戻るしかないのだ。

 大きなため息をつき、竜之介は女子トイレを後にした。

          ◆

 トイレから戻り、程なく仕上がった仕様書を緊張した面持ちで橋本に手渡す。 時間は3時を少し過ぎてた。

「休みだったのにごくろうさんだったなあ。 俺は明日からの準備があるから先に帰ってもいいぞ」

 パラパラと資料をめくりながら橋本はあっさりと言った。

「はい、、、」

 橋本の意外な言葉に竜之介は驚き、ホッとした。 と同時に何か企んでいるのではないかと不気味な感じがした。

 とにかく橋本の気が変わる前に帰ろうと急いでスーツを身に着ける。

 挨拶をして開発室を出ようとすると、橋本が会社のロゴの入った封筒を持って近づいてきた。

「おう、そうだ。 お使いを頼む。 帰りに向かいのスタバにこの資料を届けてくれないか」

「はい、、、 誰に渡せばいいんですか?」

「山科の社長だ」

「えっ?!」

「支払い関係の書類だそうだ。 急いでるらしいから頼むぞ」

――これだったんだ、、、

「ど、どうして、、、 こんな酷いことばかりを、、、」

「はあ? 酷い!? どういう意味だ? まさかお前、この前山科システムに行った時あのおっさんと何かあったのか?」

「い、いえ。 何も、、、」 

「ふ~ん。 まあ、何があったのかは知らないが、お前が担当してる下請け会社に必要な資料を渡すだけじゃないか。 だろ?!」

 竜之介の言葉をまるで信じていない様子の橋本に竜之介はうろたえてしまう。

「はい、、、 苦手なタイプの人なのでつい、、、 すみません」

――この人は本当に何も知らないのか?! 富岡にスケジュールを知らせただけなのか、、、 

「まあ、下請けさんと仲良くしとくってのはいい事だからな。 仕事が済んだらそこから先は自由だ。 飯を食いにいくなり好きなようにすればいいさ」

「は、はい、、、 でも今日はお渡しして直ぐ帰りますから、、、」

「まあ、任せるよ。 頼んだぜ、速水みちるさん」

▼応援してね▼


 
関連記事
この記事のURL | ボクの中のワタシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第6章 ワタシ  ―あの人 ― | メイン | ほら、来た! 悪夢の民公連携・・・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/429-8330cf4f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。