FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第5章 カラダ  ―プロジェクトリーダー― 2
2010/09/09(Thu)
『会社にはもういられない・・・ 会社を辞めるしか・・・』

 竜之介は一晩中繰り返し自問し、殆ど眠れぬまま夜を過ごした。

 辞めたらどうやって暮らしていくのかを考えると暗澹たる気持ちになる。 橋本に辞めた経緯や性癖をばらされたら同じ業界で仕事を見つけるのは無理だろうし、この不況下でおいそれと他の仕事を得られるとは思えない。

 そして他の職に就いたとしても橋本や富田が竜之介の秘密を知っている事に変わりはないのだ。

 仕事を辞めてしまうとズルズルと富田達に引き込まれ、快楽に溺れ隠微な世界で男娼として生きていくようになってしまうのではないか、そんな恐怖が竜之介の頭を支配する。

 しかし山科システムに女装して行ったとしてもばれてしまえば、辞めなければいけないのは同じことなのだ。

 答えが出せないまま朝を迎え、待ち合わせの時間が刻々と迫る。

――どうしよう、、、 どうしよう、、、 そ、そうだ!

 勘弁してくれる可能性は少ないと思いながら一縷の望みを持って橋本に電話をかけてみたが、幾度掛けても留守電に切り替わってしまう。

――もう、時間がない、、、 とにかく待ち合わせの場所へ行ってみるしかないか、、、

 山科システムにまで行く決心は出来ていないが、とりあえず指示されたスタイルに着換え、竜之介は駅に向かった。

       ◆
「おぉ~、速水。 ギリギリだな。 てっきり来ないのかと思ったぜ」

 改札を出ると橋本が待っていた。
 
「おはようございます、、、」

「ふふっ。 黒ブラが透けてセクシーだぜ、みちるちゃん。 言わなきゃババア臭いベージュを選んでただろ?! くくっ」

 シルクの白いブラウスから昨夜メールで指示していた黒い下着のシルエットがくっきりと浮かんでいるのを見て、橋本は満足そうに笑った。

「チーフ。 こ、こんな事絶対無理です。 ばれたら会社に迷惑がかかってしまいますっ! だから今日は、、、」

「大丈夫だよ。 自信持てよ、みちるちゃん。 俺のチ×ポを勃たせて精液を搾りとるほどエロいお前なら立派に騙せるさ。 何なら朝から俺のチ×ポをしゃぶって女の自信を取り戻してから行くか?!」
 
 橋本は竜之介の言葉を遮り、通勤客が行きかう構内で大きな声で竜之介の心を嬲る言葉を吐いた。

「くぅ、、、 今日だけの問題じゃないです。 山科さんが会社に来られたら応対できないじゃないですか!?」

 竜之介はあからさまな表現に頬を紅く染め、必死で橋本に喰い下がる。

「今日のレビューが上手く行けば、今回くらいのシステムなら後はメールと電話で大概は済むだろ?! 会う必要があればお前が出向けばいい」

「でもそんなに上手くいくなんて思えません。 それに、、、」

「なあ、竜。 密室の中でケツ穴を掘られて喘ぐ裏の女じゃなくて、表の女の時間を精々楽しめばいいじゃないか。 なっ!? さあ、ここからはタクシーで行くぞ」

 橋本は竜之介を置いてそそくさとタクシー乗り場へと歩いていく。

――ど、どうしよう、、、 どうしよう、、、

 一週間続いた地下倉庫での凌辱は、橋本の言葉に抗えない気持ちを竜之介の中に芽生えさせていた。

 竜之介は大きくため息をつき、そして小走りで橋本の後を追っていった。

       ◆

 山科システムは閑静な住宅街の中にある古びたビルにある小さなシステムハウスだった。

 会議室に通された二人は、山科社長の登場を待っている。

「くくっ。 なんだよ?! 緊張してんのか、竜」

 橋本は身体を強張らせている竜之介をからかうが、応える余裕すら竜之介にはない。

 やがて足音が近づいてきて、勢いよくドアが開いた。

「やあ、どうも、どうも~橋本君。 お待たせしました。 今日は無理言ってすみませんな」

 まっすぐに近づいてきた山科は、背が低くとても太った脂ぎった中年男で、若い女性社員を従えて騒がしく登場した。

「山科です」

 山科が名刺を竜之介に差し出した。 

「あっ、はじめまして。 デジタルシステムワークスの速水です。 よろしくお願いします」

 竜之介が差し出した名刺がフルフル震えている。

 竜之介の心臓は苦しいほどに早鐘を打ち、声が上擦っているいるのが自分でもわかった。

「いやあ、橋本君。 君が言った通りホントに可愛い女性ですな。 楽しく仕事出来そうだ。 わははっ」

「でしょ! 技術、知識もしっかりしてるし、我が社一押しのホープです」

「そうですか。 それは頼もしい。 じゃ早速始めますか。 どうぞそちらへお座りください」

 長机がコの字に並べられた正面に竜之介は座った。


       ◆

 用意していた資料をプロジェクターに投影し、竜之介は淡々とゲームの企画内容を説明していく。

 竜之介は最初は早く済ませてこの場を去りたいと願っていた。

 しかし進めるうちに山科も女性社員も竜之介の事をまったく疑うそぶりがないことに少し自信が湧いてきて、それなら2度と来なくても済むようにと懇切丁寧に説明を進行していく。
   

 昼食後もレビューは続くのだが、昼食を終えると橋本は会社に戻ってしまった。

 一人になった時は不安でドキドキしたのだが、それもつかの間で橋本に見られていないことで返ってリラックスする事が出来た。

 竜之介は”デジタルシステムワークスの女性エンジニア:速水みちるとしてレビューをこなしていく。

――えっ?! まさか、、、 

 プロジェクターの明かりがパッと浮かび上がらせた山科の横顔に竜之介は一瞬ドキッとした。

 秘密倶楽部で竜之介を羽交い絞めにした相撲取りのような大男の顔によく似ていると感じたのだ。

――ふふっ。 そんなわけないか、、、

 しかし直ぐに錯覚だと気付く。 あの時の男はスキンヘッドの雲を衝かんばかりの大男だったと思いだし、あの秘密倶楽部の出来ごとがよほど頭の中にこびりついているのかと自分に苦笑してしまった。 

 システムのボリュームからいえば通常の倍以上の時間を掛けたレビューは、夕方近くにようやく終了した。

「お疲れさまでした。 じゃあ、進捗状況や質問はメールでお願いしますね」

 怖々始まった一日だったが、仕事の現場で女として丸一日過ごせた充実感が竜之介は包んでいた。

「いやあ、どうもご苦労さん。 どうだね、後はいいんだろ?! 食事に行かんかね、速水さん」

「ああ、、、お誘いはありがたいんですけど、まだ会社に戻って明日の準備をしなければならないので、申し訳ありません」

「そんなことに言わずに、ちょっとだけ付き合ってくださいよ~、みちるさん」

――うへっ チーフが言ってた山科の社長って女癖が悪いっていうのはウソじゃなかったんだ

 しつこく食事に誘う山科の誘いをなんとか振り切り、竜之介が山科システムを出たのは6時を少し過ぎていた。


       ◆

▼応援してね▼


 
関連記事
この記事のURL | ボクの中のワタシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第5章 カラダ  ―プロジェクトリーダー― 3 | メイン | 第5章 カラダ  ―プロジェクトリーダー―>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/415-15ac9bb3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。