FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第5章 カラダ  ―秘密倶楽部― 2
2010/08/29(Sun)
 角を曲がると交番が見える所まで来て竜之介は足を止めた。

 着替えている間に降り出していた大粒の雨が傘を激しく叩いている。

 竜之介は大きく息を吐き、意を決して角を曲がると、雨に煙る中で並木婦警が交番の入口に立ちこちらを見ているのに気がついた。

 並木も竜之介に気付いていたようで、おいでと手を振っている。

 近付くと、並木は前に停めていたミニパトに駆け寄り、乗りなさいと竜之介に叫んで運転席に飛び乗る。

 いわれるまま後部座席に乗り込みドアを閉めると並木は直ぐにパトカーを発車させた。

「うふふっ。 可愛いわよ、竜之介クン」

 バックミラー越しに並木と目が合う。

「あのぉ、、、 どこへ行くんですか?」

 後部座席から竜之介は不安気に尋ねた。

「ふふっ、どこでしょうねえ。 そうだ。 これで目隠ししてちょうだい」

 並木が運転席から黒いものを投げて寄こした。

「えっ?!」

 手に取るとそれは黒いヘアバンドだった。 

「秘密の場所だから。 きっと貴方も知らない方がいいと思うし、、、」

――知らない方がいい、、、

 並木の口ぶりに竜之介は今さらながら得体のしれない恐怖がこみ上げてくる。

 どこへ連れて行かれるのか分らないのは不安で仕方がない。 しかし並木の言う通り、非合法な連中の秘密は知らないままの方が安全かもしれないと思い直し、竜之介はヘアバンドで自分の視界を塞いだ。

 どこを走っているのかまったく分らないまま30分ほど走ったのだろうか、パトカーはガクンと傾き、どこかの地下駐車場に入っていった。


          ◆
 竜之介は目隠しされたまま、並木に身体を抱えられてパトカーを降りる。

「じゃあ、私は一旦署に戻ります」

 並木はそう言うと掴んでいた竜之介の腕を誰かに引き渡し、車に戻る。

――だれ、、、 富岡刑事?!

 腕を引かれるまま歩いていくと、耳に届く音でエレベーターに乗せられたことを竜之介は察した。

 並木のパトカーの発するタイヤの軋む音が聞こえ、エレベータのドアが閉まる。

「あっ、、、」

 エレベーターが動き出すと、不意に目隠しが外された。

「今日は楽しんでくださいね、速水さん」

 目の前に居たのはJELLYの長谷川だ。

「あっ、、、 やめてくださいっ」

 長谷川の手が竜之介のスカートに潜り込み、股間の形状を探るように手を這わせてきた。

「ん?! 男の子の股間で来るって聞いてたんだけどなあ」 

「あぁぁ、、、 やっ、やめてっ」

 長谷川が身悶える竜之介のブルマーの中に手を突っ込み、股間をまさぐってきた。

「あははっ。 タックはしてないけど、ガードル代りにブルマーを穿いて股の下に抑え込んでるんだね! やっぱり女の恰好をすると股間のモッコリは気になりますか~?!速水さん。 あ~はっはっはっ」

 長谷川の手が、股下に折り込んでいたペ×スを引っ張り出し、わざとショーツの上辺からペ×スの先端を露出させるようにしてブルマーを元にかぶせた。

「ふふっ。 こうして前が膨らんでないとパッと見ただけじゃ君が男の子ってわからないからね」

(チン)

 到着のチャイムと同時にエレベータが止まる。

 表示板を見ると10Fと地下のランプしかなかった。

――専用エレベーター?! この人たちって、、、

「さあ、行きましょうか、みちるさん」

 竜之介はコクリと頷き、長谷川の後を追った。


          ◆

 厳重なセキュリティの受付を通り、薄暗い廊下を長谷川の後を付いて歩く。

 充満する隠微な空気に竜之介は胸が張り裂けそうな緊張と、淫らなトキメキを感じている。

 廊下の一番奥にある扉の前で長谷川が立ち止まり、中に入れと仕草で示した。

 扉を開けるとそこは20畳ほどの薄暗い部屋で、ソファに囲まれた円柱状のマットがスポットライトに浮かびあがっている。

 目を凝らすと周りのソファに何人かの人影があった。

「さあ、あの光の下に立って皆さんに挨拶してきなさい」

 長谷川が立ちすくんでいる竜之介の背中を押す。

 竜之介は顔を伏せゆっくりと歩を進めると、ソファに寝そべる裸の男が視界に入った。

――富岡刑事だ、、、

 これから始まる凌辱の時間を思うと、胸がざわめき身体の奥から熱い疼きが湧きあがってきた。

――ひっぃぃ、、、 恥ずかしい、、、

 スポットライトの及ぶエリアに足を踏み入れると、煌々とした光にセーラー服がくっきりと浮かぶ。

 円形のマットの前で立ちすくみ、周りの様子をうかがうと富岡のほかに3人の裸の男が目に入る。

 誰も声を発することもなく静寂が続き、上擦った自分の息遣いがやけにはっきりと聞こえている。

 自分を犯す男達がせめて前と同じメンバーであって欲しいと願いながら、竜之介は意を決してマットの上に立った。

          ◆

▼応援してね▼



 
関連記事
この記事のURL | ボクの中のワタシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ホントにセンスのない脚本に”龍馬好き”は頭にくる~~~~! | メイン | あな恐ろしや・・・ 民公連携?!?!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/406-03900cbf

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。