FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第4章 翻弄  ―復讐―
2010/08/15(Sun)
 5時を少し過ぎた頃に内線電話が鳴った。

「速水さん?! 山瀬ですけど。 すぐ総務部に来てくれますか」

 電話は明菜からだった。

「えっ?! な、何か、、、」

――また何か企んでいる、、、

 竜之介はビクビクしながら明菜の言葉を待った。

 明菜の竜之介に対するいたぶりは日ごとにエスカレートしている。 給湯室やエレベーターの中で下着のチェックを受けるのは序の口で、昨日は危うく恥ずかしい姿を他の社員に見られてしまうところだった。

「いいから、来てっ! それとも昨日の商談室の方がいいのかしら?!」
 
 声を殺して明菜が言った。

「あっ、いや、、、 わかった。 すぐ行くから、、、」

 竜之介の脳裏に昨夜の商談室での恥辱がまざまざと蘇る。


         ◆
「明菜、、、 明菜、、、」

 真っ暗な商談室の中に向かって竜之介は囁くように明菜の名を呼んだ。

――まだ来てない、、、

 この日、昼休みに下着をチェックされた時、商談室に8時に来るように明菜に言われていた。

 灯りを点けて中に入り、恐る恐る様子をうかがう。

 パーティションで仕切られた小間をひとつずつ覗いてみると、一番奥の小間のパーティションに服が吊るされているのが目に入った。

――あっ、このワンピ、、、 明菜にプレゼントしたものだ、、、 ん?!

 デスクの上に紙が置いてある。

 手にとってみると、明菜の恨みのこもった指示が書いてあった。

≪このワンピース、見覚えあるでしょ。 アンタがいやらしい目をして原宿で私に買ったボディコンワンピよ。 アンタみたいな変態に似合うはずよ。 これに着替えて私が行くのを待ってて。 上に何か着て隠しちゃダメよ。 絶対よ!≫

「なんてことを、、、 こんなこと出来るわけがないだろ、、、」

 明菜のメモをクシャクシャと握りつぶすと、その下に幾枚かの写真が置いてあるのに気付いた。

「うそっ!?」

 一瞥して竜之介は血の気が引いた。

――いつの間に、、、

 顔はマジックで黒く塗りつぶされているが、どう見ても屋上で明菜が立ち去るのを裸で見送っていた時の竜之介の写真に間違いない。

 明菜がカメラを持っていたように思えないのだが、思えばあの時は恥辱で高揚し一刻も早くネオンの明りから逃れ裸身を隠したい一心で明菜の様子に気を配る余裕などまったくなかった。

 顔が引き延ばされたもう1枚の写真を見ると愕然とした。

 粒子が粗く鮮明ではないのだが、黒く塗られていなかったら被写体は竜之介だとはっきり分かるカットだ。

――言う通りにしないと修正なしの写真をばらまくぞってことか、、、

 竜之介はため息をつき、商談コーナーの椅子に崩れるようにへたり込んだ。

  

 出入り業者や下請けが来て打ち合せをするのはほとんど夕方までで、夜の来訪者は滅多にないことを竜之介は知っている。

 しかし、もしも誰かが来たらとしばらく悩んでいたが、手にした写真を見るとおのずと答えが出る。 今の明菜を怒らせたら何をするか判らない。

――少しの間だけ、明菜に嬲られれば済むんだ、、、

 竜之介は意を決し、部屋の電気を落として奥の小間へ戻った。

          ◆

――来るなら早く来て、、、

 竜之介は明菜のワンピースに着換え、直ぐに脱げるようにスタジャンを肩から羽織り、真っ暗な部屋の中でじっと明菜の到着を待っていた。

 本当に明菜が来るのか、、、 もし本当に誰かお客さんが来たらどうしよう、、、 こんな姿を見られたら会社には居られなくなる、、、 バカ

げたことは止めよう、、、 竜之介は指示通りに着換えてもなお迷い悩み、不安に苛まれていた。

「はっ?!」

 エレベーターが止まり、ドアの開く音が聞こえた。

――明菜?! 脱がなきゃっ、、、

 竜之介は慌ててスタジャンを脱ぎ、身構える。

 人の声が聞こえ、複数の足音が近づいてくる。

――うそっ?! まさか、、、

 竜之介は慌ててデスクの下に潜り込んだ。

 息を潜めていると、扉が開く音が聞こえ、部屋の灯りが煌々と灯った。

――あぁぁぁ、、、 どうしよう、、、 どうしよう、、、

「どうぞ。 こちらへ」

「はい」 

 この部屋に来訪した男を連れてきたのは明菜だった。

 二人はパーティションを隔てた真横のブースに来た。

「ご連絡いただけてとても嬉しかったです」

「あけぼの事務機さんはとても熱心に通ってらしたから」

「ありがとうございますっ。 課長さんへの山瀬さんのお口添え、感謝します」

「うふっ。 後はあけぼの事務機さんの頑張り次第ですよ。 望月は直ぐにまいりますから」

 明菜は営業マンらしい男を残し、商談室を出ていった。

――ひどいよ、明菜、、、 

 見知らぬ事務機屋の営業マンの真横で明菜のワンピースを着た恥ずかしい姿で這いつくばり身動きすら出来ないこの危うい状況に竜之

介はなすすべがない。

 ほどなくドアが開き、人が入ってきた。

「待たせたね」

 声の主は明菜の属する総務部の望月課長だ。

「どうも! はじめまして。 あけぼの事務機の板倉です」

 望月が入ってくるやいなや、板倉という男が椅子を鳴らして勢いよく立ち上がった。 その音に竜之介は縮みあがる。

――ひっ~!!

「まあ、山瀬が言うから話だけは聞くがね・・・」

 望月は見下したような横柄な物言いでどかっと席に着いた。

「ありがとうございます。 それでは早速、こちらの新製品のコピー機のご紹介をさせてください」

 卑屈といっていいほどの態度で板倉の商品説明が始まった。

 竜之介を嬲るために仕掛けられた商談に竜之介は身じろぎもせず、じっと耐えるしかない。

             ◆

     

▼応援してね▼
応援してね!
関連記事
この記事のURL | ボクの中のワタシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<毅然と隣国と付き合うべし! | メイン | 許せん! 売国政党!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/395-228ea187

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。