FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第4章 翻弄  ―恥辱の屋上― 2
2010/08/02(Mon)
 開発案件の納期が迫り、21時を過ぎてもオフィスの中にはスタッフ全員が残っている。

 竜之介は新しく取り組みだしたプログラムに没頭していた。

――あっ、、、

 画面にメール着信のポップアップが現れた。 橋本からメールだ。

《みちるちゃん。 俺のたばこ休憩に付き合え。 今すぐ屋上の南端のフェンスのところで待ってろ。  ドキドキを楽しませてやる。 ズボンを下ろしてキヲツケの姿勢で立ってるんだ。 言った通りにしてないと・・・分ってるよね、みちるちゃん》

 JULLYに載った竜之介の写真が添付されているのは、ばらすぞという脅しの意味なのだろう。

――なっ、何て事を、、、 本気なんだろうか、、、 

 橋本の方を見ると顔を伏せて書類を読んでいる風を装っているが、肩が小刻みに震え明らかに竜之介の狼狽を嘲笑っている。

――裸を見られるだけで済むはずがない、、、

 竜之介は入社したての頃、一度上がったことのある屋上の風景を思い出そうとしたがはっきりとは思い出せない。

 しかし周辺には竜之介がいるビルよりも高い建物が幾棟もあり、商社が入っている向かいのビルは不夜城のようにいつも遅くまで人が残っているのは知っていた。

――屋上を見てる人がいたら、、、 あぁぁ、、、 どうしよう、、、

 橋本が咳払いをし、顎をしゃくって早く行けと促す仕草を見せた。

――本気だ、、、 屋上は明るいんじゃないの?!

 不安と妖しいトキメキで心臓がドクドクと音が聞こえそうなほどに高鳴る。

――とっ、とりあえず行ってみるしかないか、、、

 しばらくして竜之介はそっと席を立ち、オフィスを抜け出した。

           ◆
――ウソ、、、 こんなに明るいなんて、、、

 屋上への扉を開けると辺りのネオンの灯りで思っていた以上に屋上は明るい。

 そして向かいのビルにはたくさんの窓に明かりが灯り、顔までは判別できないが人々の働いている姿がはっきりと見える。

 竜之介は指示通り、南端のフェンスまで歩き背を向けて立った。

――指示通りにしなくちゃいけないのか、、、

 暫く躊躇していたが、竜之介はジーンズを足元に落とした。

 本当に橋本が来れば大きく膨らんだバストに驚き、ネチネチと嬲られるかもしれない。 しかし橋本に富田たちのようにア×ルに淫らなことをする趣味があるとは竜之介にはどうしても思えない。

 ましてとても信頼し、面倒を見ていてくれた先輩なのだ。

――ボクの身体を見ていい加減にしろって説教されるかも、、、 きっとそうだよ、、、

 屋上に吹く湿った風がスベスベに手入れした竜之介の脚にすーっと撫でた。

           ◆

 バストを橋本に見られたくない! 知らない人に見られるかもしれないこんな場所から一刻も早く立ち去りたい! 竜之介はそう願いじりじりしながら橋本の登場を待っている。


 フェンスの前に立ち、既に10分近く経っていた。

――来ないのかな?! 後でこんなバカげたことを真に受けて待っていたボクを嘲笑うつもりなのだろうか、、、 後5分して来なかったら戻ろう・・・

「あっ、、、」

 その時、屋上への階段を昇ってくる靴音が聞こえてきた。

――あぁぁぁ、、、 橋本さんだよね、、、 こんな時間に他の人は上がってこないよね、、、

 足音の主が橋本である確証はない。 恐怖が竜之介を包む。

 足音が止まり、鉄製の扉が軋む音が聞こえ、少ししてガシャンと扉がしまる音がした。

 思わずしゃがみ込みそうになるが、言いつけを守らないと何か難癖をつけられるかもしれないと思い直し、不安に苛まれながらも背筋を伸ばし、非常口の方を見た。

――えっ、、、 女?! 女だ、、、

(カッ、カッ、カッ)

 遠くのビルのネオンを背にしたシルエットしか見えないがその姿は確かに女性に違いない。 それに近づく靴音は橋本のスニーカーの音ではなく、ヒールが刻むあの音だ。

 シルエットは竜之介の方へまっすぐに近づいてくる。

――だ、誰? どうしよう、、、
 
 竜之介は思わずしゃがみ込み顔を伏せた。

――ひっ! 助けて、、、

(カッ、カッ、カッ、カッ、カッ)

 ヒールの音が竜之介の真ん前で止まった。

――誰なの、、、

 ヒールの尖った爪先が見える。

「立って待ってるように言われたんじゃないの?!」

――えっ?! 誰? 

「立ちなさいよ、たっち!」

――ま、まさか、、、 明菜、、、

 竜之介が顔を上げると腕組みをして立っているのはまさしく明菜だった。


        ◆

     

▼応援してね▼
応援してね!
関連記事
この記事のURL | ボクの中のワタシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第4章 翻弄  ―恥辱の屋上― 3 | メイン | 第4章 翻弄  ―恥辱の屋上―>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/389-0c2f2984

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。