FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
第4章 翻弄  ―モデル撮影―
2020/07/08(Wed)
「遅れてしまってすみません、、、」

 指定されたフォトスタジオに30分遅れて辿りついた。

「心配しましたよ、みちるさん。 早速始めましょう。 これに着替えてください」


 長谷川は黒地にピンクの水玉模様が鮮やかなシフォンドレスを手にして駆け寄ってきた。

「着替えはそこの部屋を使ってね。 ん?! こちらの方は?」

 竜之介の背後に立つ橋本を訝しげな表情で長谷川が尋ねた。
 
「と、友達です、、、」

「友達ってみちるさんの彼氏って事かな? ふふっ」

 長谷川は意味ありげに笑った。

「い、いいえ! 違います」

「ははっ。 はじめまして。 こいつの職場の同僚の橋本っていいます。 一人じゃ不安だから撮影に付き合ってくれって言うもんで。 見させて頂いていいですか?」

「う~ん、、、 他のモデルさんもいますし、その場で着替えたりすることもあるので、それはちょっと困るなあ」

「あっ、そうなんですか、、、 残念だなあ」

「まあ、初めての撮影でみちるさんもナーバスになっておられるようだし、今から控室に用意してあるドレスに着替えてもらう間にうんと勇気づけてあげてくださいよ」

「そうですね。 そうします」

 橋本は、竜之介の肩を抱いて指定された更衣室へ向かった。

          ◆

「じゃ、着替えてスタジオに来てくださいね」

 メーキャップを施してくれた若いスタッフが控室を出て行った。

 プロのメーキャップアーチストの手に掛かり、瞬く間に初めて目にする艶やかな顔を得た。

 レッドブラウンのロングヘアのウィッグがいつもにない雰囲気を醸し出している。

「ほれっ、竜之介。 早く着替えなきゃカメラマンが待ってるぜ」

「橋本さん、、、 お願いですから出ていってください、、、」

 橋本は入社以来何かと面倒を見てくれた竜之介がもっとも信頼する先輩だ。

「なんでだよ~。 ナーバスになってるお前を元気付けてあげてって頼まれたんだぜ。 急がないとカメラマンが怒っちまうぞ! 急げ、竜之介! 早く脱げよ」

「、、、あぁぁぁ」

「早くしないと皆さん、お待ちかねだぜ」

 モジモジしている竜之介に橋本は笑みを浮かべて囃し立てる。

 竜之介はコットンシャツを脱ぎ、そして一気にTシャツを脱いだ。


 橋本は入社以来何かと面倒を見てくれた竜之介がもっとも信頼する先輩だ。 その橋本の前でブラジャーとショーツだけの姿を晒すのはとてつもなく恥ずかしい。

「ひゅ~~~っ! なんだよ、その胸、、、 お前、身体つきまで女みたいだなあ~~! 前にサウナでお前の裸を見た時は華奢で女みたいだと思ったけど、その胸はひょっとしてホルモン剤とかって飲んでるんか?!」

「いっ、いいえっ! 違います、、、 作り物です、、、 ヌーブラみたいな、、、」

 あまりの羞恥にかぁーっと身体が火照り、目眩がしそうな程に血が湧きたってくる。

「マジか?! 良く出来てんなあ! ほれ、下もだろ。 早くしなよ。 竜之介~!」

 竜之介は、意を決してデニムのミニスカートを脱いだ。

 橋本の前でブラジャーとショーツだけの姿を晒すのはとてつもなく恥ずかしい。

「やっべ~っ! シルエットはまるで女そのものだ! お前を見てたらチ×コ勃ってきたぞ。 あははっ」

 竜之介は長谷川に渡されたドレスを手に取り、肌を隠したい一心で慌てて身に付けた。

          ◆



「チッ! とんだ邪魔が入ったな、、、」

 今日、竜之介を弄ぶつもりでいた富岡は舌打ちをした。

「竜之介の男ってあいつなのか?! 調べてみてもそんな男の存在は浮かばなかったんだがなあ、、、」


「ちょっと、富岡さん。 見てください。 雰囲気おかしいですよ」

 長谷川が更衣室の様子が映るモニターを指差し、音声のボリュームをあげた。

「あっはっはっはぁ~」

 モニターを見入っていた富岡が弾けるように笑った。

「女装の秘密を知られて脅されてるってことだな。 ふふっ。 まかせとけ」

「じゃ、昨日言ってた通りでいいですね?!」

「ああ」


          ◆


―前日、取調室の隣室―

「どうだ?! ホントに女と見間違ってしまう程可愛いだろ?! どこも身体をいじらずにだぜ」

 富岡は取調室の隣の部屋に入り、マジックミラー越しに竜之介が服を着ける姿を二ヤついて眺めている男たちに声をかけた。

 彼らはそれぞれの職業を生かし女を弄び喰いモノにするワル仲間たちで、面白いのが引っかかったという富岡の誘いに駆けつけてきた。

「ふふっ、富岡さん。 彼の名はみちる。 女装をアートとして極めるとかをコンセプトにnetでは結構有名な奴です。 もっとも”みちる”っていうのは偽名で本名は竜之介って言うんですけどね」


「へっ?! 長谷川、おまえ知ってんのか?」

「はい。 実はうちの雑誌に少し前に読者モデルに応募してきて、今度紙面で使うつもりで明日撮影の予定だったんです。 女専門の僕が初めて”男の娘”を斡旋できるかもしれないから撮影に立ち会いませんかってお誘いしてたのはあの子ですよ。 こんなところで会うとは驚きました」

「えっ、ホントかよ?! じゃあこの後、姦ってやろうと思ってたんだけどまずいか、、、」

「皆さんがいつもみたいに輪姦しちゃたらボロボロになって明日の撮影は使いモノにならなくなっちゃいますね。 今日は勘弁してください」

「ちぇっ! 久しぶりに男のケツを掘るのも面白いと思ってたんだがなあ、、、」

「まあまあ、しばらく待ってくださいよ。 うちの雑誌に載ると結構人気が出ますよ。 皆が知ってる有名人を嬲るのは、男誰しも抱く願望でしょ!? 大きく育てた方が儲かりますしね! ねっ、横田さん」

「チェッ! お前もだろ?!」

 横田は会員制クラブの経営者だが、それは表の顔で、裏では高級売春組織を営み、経営する店の秘密の部屋や、ホテルに女を派遣して荒稼ぎする非道な男だ。

 悪徳刑事の富岡とは持ちつ持たれつの関係で、長谷川は横田へのモデル崩れの女の供給元になっていた。

「そりゃそうですよ。 リスク取ってるんですからね。 あははっ」

「横田。 それにしてもお前とこの倶楽部って男もいたっけ?」

「はい。 工事済みのニューハーフは何人かいます。 富岡さんお気に入りの由梨だってドクターの創作物かも知れないですよ。 ふふっ」

「おいおい、勘弁してくれよ」

「実際、桑野博士の性転換手術はハンパじゃないですからね。 ホントの女より具合が良かったりしますもん」

「とにかく、あいつは竿付きのまま嬲りたいなあ」

「あははっ。 富岡さんは男でも女でも穴があれば何でもOKなんですねえ」

「バカ野郎。 こういうのは好奇心旺盛というんだよ」

「ははっ。 こりゃ失礼」

「だが竜之介の背景を調べておかないといかんなあ。 ア×ルを開発した男がいるはずだしなっ」

「とにかく身辺調査は急いでやりますわ。 今日のところは逆らう気が起こらないように脅しの材料だけは仕込んでおくか、、、」

「そうだな」

          ◆

「長谷川君、ちょっといいかな?!」

「はい、なんでしょう、先生?」

 撮影の見学に来ていた桑野医師が長谷川をスタジオの隅に誘った。

「君たちがあの子で色々画策してるようだけど、僕にあの子の身体、預けてくれないか?」

「先生。 気に入ったんですか?」

「ああ、申し分のない素材なんだ。 ”女”を造るとき、基本的な骨格だけはどうしようもないんだが、あの体つきは逸品だ。 今開発してる試薬と新しい手術法をあの子に試してみたいんだよ。 完璧な女を造ってみたい!」

「どんな手術なんですか、先生?!」

「詳しくは言っても解らんだろうが、画期的な薬と術式さ。 あの子自身の細胞を利用したIPS細胞を使った臓器というか性別を超えた器官製造だ。 潮吹きにしてやることもできる」

「へえ! そりゃ凄い! まあ先生がそこまでお気に入りなら差し上げますけどね、、、」

「ありがとう。 富岡君にも念を押しておいてくれ。 君たちはどうも加減を知らんところがある。 肛門裂傷になる程無茶をしてはいけないぞ。 ほぼ犯罪のような行為の後始末なんて部下にも頼めんからな」

「はあ、いつもすいません、、、」

「綺麗な身体のまま預けてくれとは言わんが、凌辱の限りを尽くされ、心までボロボロになった身体では良いモノは造れないからな」

「分かりました。 伝えておきます」

         ◆
関連記事
この記事のURL | ボクの中のワタシ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<第4章 翻弄  ―モデル撮影― 2 | メイン | 第4章 翻弄 - パーラー ->>
コメント
-  -
美優さん、いつも応援してくれてアリガト!
シャリ蔵さん、何よりのコメント、感謝です。
私も、かつて綺羅光や由紀かほるの文章に触発され〇×をしこたまやりまくった経験があります。
拙文で〇×して頂けるとは…… あな嬉し!
2020/07/10 15:14  | URL | 羽佐間 修 #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
-  -
以前の文章に上書きされているので詳しい事は分かりませんが、とてもいい感じ!
挿絵も新しく描かれているのでより情景が鮮明に見える気がします。
トランス系で初めて○×しちゃいました^_^
2020/07/09 00:27  | URL | シャリ蔵 #-[ 編集] ▲ top
- ワクワク -
素敵な展開ですね!楽しみです。無理せずに頑張ってくださいね!
2020/07/08 21:16  | URL | 美優 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/368-64e2761c

| メイン |