FC2ブログ
2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
第3章 みちる  ―ドライオーガズム― 1/2
2010/03/22(Mon)
「はぁぁぁ、、、 もう3時だわ、、、 寝なくっちゃ」

 竜之介はア×ルに挿れていた淫具を抜き取り、疲れ切った身体を這うようにしてベッドを降りてバスルームに向かった。

 恵理がアメリカに発ってまだ数日しか経っていないが、竜之介は恵理に与えられた淫具の快楽に夜毎ヘトヘトになる程に溺れていた。

 日曜日に山上公園の駐車場で二人で野外の恥戯を楽しんだ後、マンションで恵理が通販で手に入れたア×ルグッズで明け方までよがり泣いたのだ。

――いい加減にしないと身体が、、、

 仕事中も寝不足で欠伸を噛み殺すこともしばしばなのだ。

 竜之介は淫らな欲求を我慢しきれない自分を悔いながら熱いシャワーを身体に打ちつける。

「あふっ、、、」

 鼓動と共にまだズキン、ズキンと疼きが治まらないア×ルに指が触れると切ない快感がズンと身体を駆け抜けた。

――恵理、、、

 魔の快楽グッズを与えられた時、喘ぎ泣く竜之介を頬杖をつき楽しそうに見つめていた恵理の顔が瞼に浮かんだ。


            ◆

「私が居ない間もみちるが寂しくないようにってこれを買ってきたんだからあ」

 夜のドライブから戻り、疲れきってソファにぐったりともたれている竜之介に、恵理はバッグから取り出した奇妙な形の白いプラスチックのような物をかざした。

「何、それ?!」

「エネマグラっていうんですって。 みちるの身体に合うといいわね」

「エネマグラ?! 身体に合うって??」

「さっ、みちる。 試してみましょうね」

 恵理が竜之介の手を取ってベッドへと誘った。

「あぁぁぁ、恵理、、、 わたし、もうクタクタだから、、、」

 竜之介は本当に疲れていた。 それほどに夜の公園でヘッドライトに照らされる中でア×ルを襲った快感は強烈で、意識が遠のく程だった。

「だめ~っ。 3か月も会えないから一杯あなたを愛するの!」

 恵理の無理強いする言葉は竜之介にとってこの上ない媚薬だ。

「あぁん、もぉ~、、、 恵理ってこんなにエッチだったかしら」

「うふっ。 みちると同じくらいね」

 どさりとベッドに倒れ込んだ二人は唇を合わせ、再び二人の世界へのめり込んでいった。


            ◆

     

▼応援してね▼
応援してね!
関連記事
この記事のURL | ボクの中のワタシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<モーションposeを買ってみました | メイン | 第3章 みちる  ―野外露出― 2/2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/355-43596fd2

| メイン |