FC2ブログ
2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
第3章 みちる  ―露出の快感― 1/3
2010/01/23(Sat)
 ア○ルの快感に絶叫し、激しく痙攣しながら絶頂を迎えた”その瞬間”は、竜之介と恵理の関係をまったく様変わりさせた。

 竜之介は恵理に”みちる”として愛される快楽にすっかりハマっている。 

 恵理もまた女として竜之介に愛されるよりも、竜之介に宿った”みちる”を愛することに夢中になっていた。

 二人の夜は、男女の恋人同志のものからすっかりレズビアンのような関係になっている。 もちろん竜之介がネコ役だ。

 恵理は”みちる”の羞恥に身悶える姿が愛おしくて堪らない。

 最初は女言葉で快感を口にすることすら恥ずかしがるのだが、快感がせりあがってくると、”みちる”が竜之介に憑依し、快楽に身悶える女そのもの体を示す。

 それでも迫りくる快感に懸命に耐え、悟られまいとする”みちる”が何とも可愛い。

 激しく愛し合った後も、竜之介はア○ルで気を遣ってしまった事がよほど恥ずかしいようで、暫くは恵理と目が合っても俯いてしまうほどの恥じらいを見せるのだ。

 そして少し前に、みちるの淫らな可愛さはベッドの中にとどまらないことに気付く。

 2週間前、二人でショッピングをしている時、突風が吹いて竜之介のスカートがめくれ上がり、下半身が露わになってしまったことがあった。

 竜之介は『きゃ~っ』と叫んで慌ててスカートを下ろしたものの、前を通り合わせた酔ったサラリーマン達にバッチリと見られてしまった。

『ヒュ~!』

『ラッキ~! やっぱ下着は白がエロいね~』

『ネエチャン、今晩ワシと一発、どうや?』

 酔っぱらい達は卑猥な言葉を吐きながら通り過ぎていった。

 竜之介は顔を真っ赤にして恥ずかしそうに俯いている。 やがて潤んだ眼で恵理を見つめ『恥ずかしかったぁ、、、』と泣きそうな声で言った。

 恵理は以前、恵理のセーラー服を着て外出した時の竜之介の態度にもしや?!と思ったのだが、目の前の表情に、”みちる”の被虐性がはっきり見えたような気がした。

 確かめてみようと立ち寄ったランジェリーショップで恵理は竜之介のショーツを奪い、スカートの中はパンストだけの姿でウィンドウショッピングを続けた。

 部屋に戻った途端、竜之介は潤んだ眼をして恵理に抱きついてくる。 

 恵理が股間をまさぐると、タックから先端が頭を出すペ○スから溢れ出た先奔り液が、パンストをべっとりと濡らしていたのだ。

 ”みちる”は恥ずかしい場面に遭遇するほどに、恥ずかしい事を強いられるほどに身体が疼いてしまうのだと恵理は確信した。

 ”露出プレイ”が愛し合う前の二人にとって前戯のようなものになった。

 といってもAVにあるような卑猥なものではなく、ショーツを着けずミニスカートで買い物をしたり、夜の誰もいない公園で下着姿で歩いたくらいの可愛いものだが、”みちる”の羞恥心を掻き立てるには十分だ。

 露出の快感に疼く身体で部屋に戻った”みちる”は、恵理にア○ルを嬲られ、息も絶え絶えによがり泣く。

 恵理は自分の中のサディスティックな部分に、竜之介は”みちる”のマゾ的な部分に戸惑いながら、二人の新しい関係に胸を躍らせ週末を待ちわびていた。

           ◆
「今日は、私のテディを着させてあげるわ」

 バスルームを出た二人は露出プレイの身支度を始める。

「これだけ?」

「部屋を出る時はコートを着ていいわよ」

「今日は何処へ行くの、、、?」

 竜之介は不安そうなまなざしを恵理に向けた。

「どこがいい?」

「・・・。 このままお家がいい、、、」

「うふふっ。 ウソばっかり。 今日は誰に恥ずかしい姿を見られるのかしらん?!ってワクワクしてるくせに~」

「そんなことないモン、、、」

「人がたくさんいる処がいいかしら?! それともあまり人が来ない処で裸になっちゃう?!」

「あぁぁ、、、恵理のイジワル、、、 でもこんな恰好じゃあ恥ずかし過ぎるぅ、、、」

「うふふっ。 マゾっ子のみちるちゃんはこんな恰好だから気持いいんでしょ?!」

「・・・・・・」

「部屋に帰ったらいっぱいお尻を可愛がってあげるわ」

「もぉ~・・・ 」

「あら?! ホントは嬉しいんでしょ?! みちる」

「う、うん、、、」

「さあ、早くメイクして。 露出症のみちるちゃん」

「、、、はい」

        ◆

     

▼応援してね▼
応援してね!
何か一言、残していって頂けると、泣くかもしれません。おすぎも泣きますた!!

※なんでだろ?!最近記事を更新してもランキングで新着記事扱いされないことが多いんですよね… 
関連記事
この記事のURL | ボクの中のワタシ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<第3章 みちる  ―露出の快感― 2/3 | メイン | 2010年1月の党大会で、代議士会で、あなたは何をしていましたか…>>
コメント
-  -
うしお様

書き込み、ありがとうございます。
最近、うしおさんをはじめ”竜之介”のような趣味をお持ちの方からよくメールを頂戴するようになりました。
ありがたい限りです。
女装子さんもそうでない方にも楽しんでいただけたら幸いです。
これからも”みちる”に注目してやってくださいね^^
2010/01/26 01:36  | URL | 羽佐間 修 #aweimhBo[ 編集] ▲ top
-  -
すっごい刺激的な展開になってきました!?
もう読みながらビンビンです。みちるの変貌が
女装~アナル~前立腺~露出・・恥ずかしさで感じるM性
それに恵理の隠れていたS性。もう~たまりません!
実は私もみちると同じ性癖なので他人事に思えません
(みちるみたいにイケメンでないので女装は下着だけ
にしていますが)いつも楽しみに読ませてもらって
います!これからが益々楽しみです!
2010/01/25 00:47  | URL | うしお #NqwoKNcQ[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hazamashamenovel.blog59.fc2.com/tb.php/337-24224e73

| メイン |