FC2ブログ
2006 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 02
「Netに舞う女」 第2章 恥辱の命令 - 再指令 -2
2007/01/31(Wed)
――香には未だ早川の協力が得られると思わせておくか、、、

【件名:わかりました】
亜久里 香 様
早川です。今朝は本当にすいませんでした。明日は必ずその現場に来た男の姿を確認します。

「さて、、、お次はっと、、、」
 頭を「TODO」に切り替えキーボードを叩き始める。 真介はお気に入りの綾のために香に小説を更新させるつもりだ。 頭に思い浮かぶのは、夕方ケーキ屋ロートンで見た綾の姿だ。
 今日の綾は、なにやら頬を紅く染め、いつもとは違うぎこちない接客態度だった。 その様子から、香の小説の中でちなみが命じられたように綾もノーパンなのかも知れないと思わせた。
この記事のURL | 官能小説「Netで舞う女」 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ビックリ人間もビックリ。
2007/01/27(Sat)
こんなポスターをご覧になったことはありませんか!?

今回の出張中、駅や新幹線の中でやたらと目に付きました。
クルマ・ポータルサイト Goo-netのポスターなのですが、同好の皆さんはなにやらモヤモヤしたものをお感じになりますでしょう?!

妄想回路のスイッチが入ったのは私だけではないハズ、、、(笑)

パートナーさんがこんな柔らかい身体をお持ちなら、あんなことやこんな事も^^*
ふぅ~~^^;
この記事のURL | 雑記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ボノボってどうよ?!
2007/01/26(Fri)
皆さん、ボノボって猿、ご存知ですか?

人間に最も近い類人猿といわれている猿の一種といわれているのですが、この人達?の生態が凄く面白いのです!
彼らは争い事が嫌いならしくいさかいを避けるための手段として”性的刺激”を利用してやがるのです!
争いがおきそうになると一生懸命にパコパコやって忘れちゃう?んだって。
それは♂と♀の間に限らず、♀と♀、♂と♂ゲッ(>_<)の間で大人も子供も関係なくやっちゃうんですって(^O^)/
すげ~~!!

私がこの種の性癖が記憶に鮮明に残っているのはウィキにも書いてあるNHKスペシャルを見たのがきっかけでした。
この記事のURL | 雑記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
お勧め演劇
2007/01/21(Sun)



 お時間があれば是非お立ち寄りください。

 「豚の尻尾」―金色の血をもつ一族たち―
  2月9日(金)~2月12日(月)
  会場 神楽坂ディプラッツ

この記事のURL | 雑記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ロケハンは大事です! おろそかにしてはいけません^^;
2007/01/20(Sat)
先日、東京出張の合間に時間が少し出来たので、代々木公園に行ってきました。
真梨子が勤める高倉ビューティの本社ビルがある場所です。

昔々の断片的な記憶とNetでコチョコチョ調べた事を前提に書いていたのですが。。。

現場を歩いて見ると……

●代々木公園には、ほとんど潅木がないんです、、、
 →真梨子が茂みで隠れてウンチするとこがないよ・・・


この記事のURL | 創作裏話 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「Netに舞う女」 第2章 恥辱の命令 - 再指令 -
2007/01/19(Fri)
 今日も神内オーナーがマンションの前まで車で送ってくれた。
 去っていく車を見送っている時、ツツーッっと右の太腿を淫らな雫が流れ落ちてきた。
「あっ、、、」

 ドアを閉めて鍵を掛けた。
 綾は今日一日、小説のちなみが命じられたとおり、講義中も、バイト先のロートンでもずっとショーツを着けずに過ごしてしまった。
この記事のURL | 官能小説「Netで舞う女」 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ikuko ニガシオ
2007/01/17(Wed)
超有名サイトだったから、ご存知の方も多いと思うのですが、ikukoさんの軽妙な日記は、ネットを繋げる楽しみの一つでした。
2004年11月に更新が止まって以来、訪れる事がなかったサイトだったのですが未だ消されずに残っていました。

(ニガシオ) 

 
しかしニガシオが止まってからは、裏ニガシオで彼女と愛犬チョコの日常を垣間見る事が出来たのですが、ここもこの1年ほど更新される事がなかったので寂しい思いをしていました。
が、なんと年頭から更新されているじゃありませんか!!

(裏ニガシオ) 


ニガシオとはまったくテイストが違い、ほのぼの系の話題ですが、懐かしく思われる方は覗いてみてはいかがでしょうか?!
*よく考えてみたらIkukoちゃんも30歳を過ぎているじゃないですか!! さぞや素敵なレディになってるんだろうなぁ~^^*

なつかしのニガシオ風味の100の質問
 
やったことない人はやってみてください^^
この記事のURL | 雑記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あれから12年、、、
2007/01/17(Wed)
早いものですね。神戸は瓦礫の山でした、、、
懸命に生きましょう。

―合掌―
この記事のURL | ちょっとマジ噺 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
「真梨子」第7章 淫獄 - 俊 一 - 8月7日(日)Ⅳ-3
2007/01/16(Tue)
 俊一は「private」とプレートが貼ってある部屋に招き入れられた。

「あのー、姉は…」
 ビニール製の粗末なソファに座り、殺風景な事務室然とした部屋を見回しながら尋ねた。

「俊一君だったわね、、、 言ってもいいのかなぁ… 貴方、今から言う事、見た事は誰にも内緒にできるかしら?」
「は、はい…」
この記事のURL | 官能小説 「真梨子」 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
「真梨子」第7章 淫獄 - 俊 一 - 8月7日(日)Ⅳ-2
2007/01/15(Mon)
 話は8月3日に遡る。

「誰だ?!こいつ…」
 half moonの控え室で星野が監視カメラのモニターを眺めながら言った。
「ママ。 こいつ真梨子の弟じゃないんですか?」 
 モニターには、ビルの入り口に据え付けてあるカメラの映像が映り、エレベータの前でウロウロする若い男の姿が映っていた。
「ほほほっ。 真梨子の部屋の盗撮カメラでしか見たことないけどそうみたいね。 真梨子の後を尾行て来たんじゃないかしら」
 星野の操作で拡大された画像には、夜毎帰宅の遅い真梨子が浮気をしているんじゃないかと案じ、オフィスを出た真梨子の後を追ってきた俊一の顔が映っていた。
この記事のURL | 官能小説 「真梨子」 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ