FC2ブログ
2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
電車の中のバカ女、、、
2007/06/26(Tue)
昼間の新快速での目撃談です。
空いた車両の4人掛けの席に座った瞼のメイクが異様に青いお姉さま。
大きなバックと紙袋と透明傘を隣の席に置いて陣取られました。
さてお姉さまはコンビニの袋からジュースとサンドイッチを取りだしまして窓枠にそれらをセット。
お姉さまは周囲を意識せずムシャムシャと遅めの昼食を摂られます。
この記事のURL | 羞恥心 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
羞恥心考 ③さすべえ
2006/10/22(Sun)
大阪のオバちゃんの代名詞「さすべえ」は自転車に傘を取り付ける器具で、手で持たずに傘がさせるのです。

誤解を承知で言っちゃいますがさすべえは『女を棄てた証?!』なのだと僕は思っています。
確かに機能的?!かもしれません^^;
が、うら若き乙女が使っているのを見たことがありません。
オバちゃんたちが若者のローライズからはみ出るTバックショーツを見てハシタナイと嘆くのとほとんど同じ理由で、おばちゃんのさすべえを付けて歩道をチャリで我が物顔で走る様は、僕には無様に写ります。

真梨子さんが生涯、使う事がないように、使いたいと思わないようにどんなシーンにも似合う帽子を買ってあげようと思っています。
女性には見られること、魅せる事を片時も忘れて欲しくないと思うのです。
意味合いの異なる「羞恥プレイ」には使えますかね?!
恥ずかしいの意味合いが違うから無理ですね(笑)

余談ながらこのさすべえの製造は、これがなんと名古屋の会社でした。
http://www.unite-i.co.jp/ 株式会社ユナイト
▼応援してね▼
この記事のURL | 羞恥心 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
羞恥心考 ②車内化粧
2006/10/13(Fri)
時折見かけますね。命名 「電車で化粧女」
待ち合わせ場所や、会社のタイムカードを押してからが「外出先」なのでしょうかね?!
目的地へ至るまでの経路は「世間」ではないかのようです。
揺れる電車の中、目の前で変身していくその様に驚くのではなく、大勢の人の前で化粧が出来る精神構造に驚いてしまいます。
彼女達だって初めて電車で化粧した時は多少恥ずかしかっただろうになぁ…
当たり前になる事、慣れっこになる事って実に恐ろしき事ですね。
顔を美しくする前の姿も人様に晒し、化ける過程すら見せるのですから^^;
電車で化粧女にとって前に座るおっさんも、回りに立つおばさんも、自分に関係のない存在で風景、景色といったところなのでしょうね。
この記事のURL | 羞恥心 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
羞恥心考  ①ヒップハンガー
2006/10/09(Mon)
私は恥ずかしがる女性に性的魅力を感じます。
決して弱々しい女性ではありません。
経験豊富な女性でも初めて肌を合わせる時、垣間見せる羞恥の仕草にゾクゾクします。
最近、若い人に限らず所謂「恥知らずな振る舞い」を目にするに付け、ポコチンが萎えるような思いを抱くことが多いのです。
TPOをわきまえた所作・振る舞いが違和感なく美しく魅せるのだと僕は思っています。
それは決して保守的な思いだとは思えないのですが、如何せん場面々々では少数派となって異議を唱える私が「旧い奴」のレッテルを申し受ける羽目に陥ってしまう事が増えてきました。
羞恥心を求めるエロ作家の立場から目を覆うような光景を私なりに斬り、批判を覚悟で皆様に問うてみたいと思います。

TPO(ティーピーオー)と先に書きましたが確認の意味でwikiを引いた所、あのVANの石津謙介が言いだしっぺだとの事。
余談ながら少し懐かしくてびっくりしました^^

TPOは、 Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)(注:Opportunityと使われることもある)の頭文字をとって、「時と場所、場合にあった方法」という意。この概念の発案者は「VAN」ブランドの創始者石津謙介である。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事のURL | 羞恥心 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |