FC2ブログ
2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
近況ご報告
2009/10/13(Tue)
屁垂れエロ小説といえども「真利子」は足かけ3年、それなりに想いが詰まった作品で、最後くらいは素面でちゃんと終わりを書きたいと思いながらも、ここのところ酔わずにパソコンの前に座る機会に恵まれませんでした^^;
それじゃあ次回作の構想を練りましょうかってPCに向かい合っていたところ、なんとなくキャラ設定やあらすじが出来あがりました^^


まずは「真利子」を完成させねば^^:

▼応援してね▼
応援してね!

この記事のURL | 創作裏話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
次回作「(仮称)ボクの中のワタシ」 構想中
2009/09/27(Sun)
経験のない題材なので次回作を構想するに当たり、少し前から女装子さんに様々な経験やその時の気持ちなんかをメールでお話頂いています。
ウフフッな経験をたくさんされていて、そのなかでも僕の大好きな露出系のお話に触発され、イメージを描いてみました。
エリさん、感謝です^^

羽佐間修 官能小説書庫 Gallery
【羽佐間修 官能小説書庫Galleryへ】

※真梨子はどうなってんの~!?のお叱りの声が・・・   ハイ!今夜にでも^^*

▼応援してね▼
応援してね!
この記事のURL | 創作裏話 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
宝物を発見!
2009/09/13(Sun)
久しぶりにブログのお題とおりに雑感を。

ディスクの整理をしていて失くしていた宝物を発見! あなウレシ!

私が官能小説を書くようになったきっかけ、とりわけ挿絵にまで手を出してしまうようになったのは、ほとんど私淑する凡田英二氏の「大人の絵本」に触発されての事です。

諸般の事情によりサイトを閉じられ、その文章と画は封印されてもう随分の時が経ちました。

もっとも投稿なども積極的になされていたので、あちこちのサイトで氏の作品を目にする事は出来ます。

それにしても、未だに根強いファンの方は数多く、「凡田 大人の絵本」をキーワードに、かつて氏に触れた記事があるこのブログにさえ迷い込まれる方が毎月幾人も居られます。

氏の挿絵は、どれもこれもそれ一枚見ただけで物語が書けそうなほど情景が映しだされていますが、私が凡田氏の数多くの画の中で一番印象に残り、触発されたのが上の画です。
(了解を頂いていないので、イメージを感じていただける程度まで原画に加工を加えています。※凡田先生、お許しいただけますよね?!)


この記事のURL | 創作裏話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
次回作構想
2009/06/30(Tue)
次回作は「綺麗な男の子」を題材にしたモノを書きたいと思っています。
※妄想を掻き立ててくださったブログ主様に感謝!!

ホントは木暮香瑠さんの500万ヒット記念「Netに舞う女」を書かなきゃいけないんですが、出会ったブログ主に萌え~!の状態なので同時に書けるかどうか分りませんが、手をつけることにしました。



鏡に映る女の子に変身していく自分を見つめる時、どんなにワクワクしてるんだろう?!てな事を想像しながら書いていくことになるんでしょうけど、実感として経験していない心の動きが表現できますことやら、、、
ただ、その変身した姿を見せたい!見られたい!ばれるかも?!ばれたら恥ずかしい!なんてところは得意?とするところなのでなんとかなるかなあ?!

ネタに出会い、どんなストーリーにしようかな?!って考えてる時が一番オモロイのかもしれませんね^^

んなことより、先に「真梨子」を完成させんかい!

   はい、、、 ボチボチ書いてます、、、  

※DADさん、 HiroのポコチンにTY2の陰毛を付けてみました。 マテリアルで凹は消してあるのですが、いわゆる両性具有状態のヒロインです。

▼応援してね▼
応援してね!
この記事のURL | 創作裏話 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
(ご案内)書庫の挿絵が見やすくなりました。
2009/02/27(Fri)
羽佐間 修 官能小説 書庫へJump

highslide.jsっていう楽しい画像表現のツールを教えていただきました。
文中に挿絵のサムネイルを貼って、クリックして別ウィンドウできれいで大きな画像を見るっていうのが通常のパターンだったのですが、こいつを使うと同画面上で拡大することができます。
読むペースの邪魔をせず、精細画像でイメージを膨らませて貰える効果があるのでは?!と思っています。
とりあえず、「羽佐間 修 官能小説 書庫」の「真梨子」に適用しています。といっても「真梨子」の後編からしか挿絵は描いてないんですけどね(苦笑)
一度、「羽佐間 修 官能小説 書庫」を覗いてみてください。

▼応援してね▼

この記事のURL | 創作裏話 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ